クビナガタンポポ

首の長いタンポポによく似た野草。ブタナと言うそうです。増えやすいので要注意外来生物だそうですが、新緑の季節に明るい黄色が爽やかです。

ハルジオンとテントウムシ

空き地にハルジオンが花盛りでした。薄いピンク色の細い花びらが可愛らしく優しげです。花の上で、二つ星のナミテントウがお昼寝中。風が吹くと花もゆらゆら、気持ちがいいのでしょうかね。(^-^)

コデマリ

野菜直売所の畑にコデマリが満開でしたので、スケッチに挑戦しましたが、花びらの多さにちょっと挫折(笑)。沢山の房を支えている細い枝のしなやかさは凄いです。

ムラサキツメクサ

近所の芝生の綺麗な公園にて。ムラサキツメクサとシロツメクサが沢山咲いていました。ムラサキツメクサは少し大きめです。このあたりは田んぼがないのでレンゲを見られないのですが、レンゲに少し似ていて嬉しい花です。

ヤグルマギク

ヤグルマギク、鯉のぼりの矢車に似ていることから名前が付いたそうで、季節的にもイメージしやすいネーミングですね。花の柄が時々クランクのように曲がったりしてるのは何故でしょうね。個人的には好きなポイントです。青や赤紫色のさらさらした雰囲気の花びらが印象的でした。

キツネでした。

最近道路端でよく見かけるライトパープルの可愛い花。アザミの仲間と思いきやキツネアザミというお名前でした。アザミに似てるのだけど違う種類だそうです。アザミモドキ、ニセアザミなどの選択肢もあったかも知れないけど「キツネ」と付けたところに遊び心があって素敵です。キツネノマユハケ(狐の眉刷毛)という別名もあるそうです。これでお化粧をしている狐を想像するのも可愛らしくて、どちらも素敵なネーミングです。

道端のカスミソウ、みたいな

道路沿いのアスファルトとコンクリートの隙間など、かなり厳しい場所でもへっちゃらで生えて、可憐な白い小花を星のようにちりばめた草。ノミノツヅリというそうです。道端のかすみ草だなって勝手に思っています。可愛く咲いていました。

タンポポの変身

大好きなタンポポ。花から綿毛に変わる仕組みを知りたくて、なんちゃって観察しました。なんとあれがあーなってこーなってたんです。咲いた後の楽しみが増えました。綿毛の下あたりに可愛い落とし物があります。見つけてみてください♪