滑空

ツバメたちが忙しくエサ集めをしていました。動きが速すぎてスケッチ不可能(笑)。滑空って言うけど、本当に滑るように飛びますね。羽根をすぼめたり広げたりして、舞うように飛ぶ姿は見事です。

麦の穂

麦畑に穂がついてきました。丈は170センチくらいでしょうか。結構背が高いですね。しなやかに風に揺れるリズムが美しかったです。

白詰草

庭の白詰草、今年は沢山咲きました。うちのチンチラが美味しそうに食べるので、どんな香りがするのか嗅いでみました。蜂蜜みたいな香りがしますよ。皆さんもこっそりクンクンしてみてください♪今日のお客さんはシジミチョウでした。

初夏の菜の花

菜の花には何種類かあるんですよね?きっと。春先に咲いてたのと雰囲気が違う菜の花が咲いていました。春のものに比べると房になる花の数が少なくて、レモン色、背も高め。初夏らしい爽やかな菜の花でした。

5月の畑

爽やかな青空のもと、農家さんが畑を耕していました。向こうのお屋根はお寺さん。本当は畑の奥は宅地なのですが、こうだったら良いなも含めて描きました。

ハハコグサ

ハハコグサ。爽やかなレモン色の花と、うぶ毛に覆われて柔らかそうなミントグリーンの葉。内側に巻くように伸びる葉の形状。名前も姿も優しくて好きな野草です。

ヤセウツボ

昨日のヤセウツボの続き。要注意外来生物だそうですが、近年アルツハイマーを抑制する成分が発見されたとか。実は可能性を秘めた草なんですね!効くと良いですねぇ。ちなみにヤセウツボと打ち込もうとしたら「やせるツボ」と予測変換。それも知りたいなあ。(笑)

不思議な草

まるで土筆みたいにいくつも筆状の花芽が土から直にもりもりと伸びている風景に出くわしました。しばらくこれなんだろう??色も茶色いし、花はホトケノザの花びらみたいなのがついていて黄色にうっすら紫色、光合成してない種類の草っぽい感じはしたのですが、調べてみるとヤセウツボという寄生植物だそうです。しかも要注意外来生物なんですと!!でもちょっと可愛いかった。

山吹の花

山吹の花。柔らかい緑を背景にくっきりとした黄色が映えます。ここのところ地面の草花を見ることが多かったのですが、サツキにハナミズキなど、いつの間にか上の方にも沢山花が咲いてますね!

藤の花

藤の花が見ごろですね。藤棚の下から見上げると上品でフルーティーな香りがふわっと降りてきて、ちょっと贅沢な気分でした。お尻が大きくて丸っこいクマバチもせっせせっせと花巡りをしてました。

駅前の鳩

新学期で外勤が始まり久しぶりの四ツ谷駅。駅前の看板に留まってる鳩のカップル。羽根を膨らませて仮眠中。昨晩は上手く眠れなかったのかな。(^^)

ヒナゲシ

ヒナゲシのオレンジ色の花びら。若葉色の緑を背景に沿道でそれらがゆっくりと揺れるのは、映画のシーンを見てるようなちょっとロマンチックな気持ちになります。長くて一本一本がゆるりと曲がった茎も良いな♪

庭の草花

カタバミの黄色い小花が咲き始めました。ミニチュアサイズのマメの鞘(さや)はカラスノエンドウ。背高のっぽの塔みたいな草は??。分からないほど種類があるのが、雑草さんの面白さかもですね。

火球を見た日

ニュースで時々目にする火球。あれを初めて見ました!
少し緑っぽい白色の光がひゅーーーーんっ!!って、流れて消えました。
ラッキー♪

ユキヤナギ

またまたユキヤナギを描きました。
今回は立川にて。
波しぶきみたいに見える白い小花たちを
描きたいと思ったのですが、
そんな風に表現するのはなかなか難しいですね!(^-^)

店蔵(みせぐら)

埼玉県の飯能で店蔵(みせぐら)という文化財を見てきました。玄関だけ、アレンジを加えましたが、こんな感じ。蔵なんだけどそこでお店を開いていたそうです。昔の建物の屋根のラインは、はなだらかに水平でほっとします。