冬の紅葉

公園脇に植えてあるサツキ、よく見るとところどころ赤くて綺麗。ネットで調べたところ、赤い色は枯れているわけではなく、冬の紅葉なのだそうです。

メジロ

四ツ谷・市ヶ谷間の緑道でメジロをよく見かけるのですが、ここのところ見かけた回数で考えるとスズメやシジュウカラよりも多いかも。サツキやアジサイなどの低木の茂みで、賑やかに追い掛けっ子をしています。都会で生きるこの小さくて可愛らしい鳥、意外とたくましいんじゃないかな?!なんて思ってしまうのでした。

水仙の花

小さな庭ですが、水仙が咲き始めました。
このシンプルさに惹かれるようになったのは、40代になってからかな。
スケッチして思ったんですが、このニョロニョロみたいな葉っぱも素敵♪
雪中花とも呼ばれるのだそうです。お洒落な名前だなぁ。

石鹸の木、ムクロジの実

お散歩スケッチその2、公園に植えてあるムクロジ。見上げる位置に実ってたので、空の青と実の黄色の対比が綺麗でした。水につけて泡立てて遊んだり、息を吹き込んで笛にしたり、種は羽根つきの玉部分にしたりするのだそう。

冬の紫陽花

天気が良い週末に玉川上水沿いを歩いていたら、紫陽花がまだ咲いていました。
というより、ドライフラワーになってたんですが。
これがまた味のある紫で綺麗。こういう花を剪定しないで置いてくれている隣街の方々はセンスが良いなあ♪

冬至と柚

月曜日に柚をいただいた。冬至だったんですね。
爽やかな黄色、いただく前にスケッチしました。
これから少しずつ日が伸びると思うと少し嬉しい。