せりばひえんそう

四谷の緑道に咲いていた花。スッっと尾翼みたいなのが伸びていて飛行機みたいで、清楚な感じもあって綺麗だなって思って描きました。「せりばひえんそう」というそうで、燕が飛ぶ姿を思わせる形から付いた名前のようです。そう言えば駅前に燕が巣作りにやって来ていました。そんな季節ですねぇ。

ハルジオン

道沿いに咲くハルジオン、沢山咲いてるとなんかハッピーな気持ちになる花です。よく似た花のヒメジオンと区別がつかないのですが、この子は葉っぱの付き方からどうやらハルジオンみたいでした。

ノースポール

ノースポールが覚えられない、スノーポールって検索していつもノースポールに訂正してる。
私の記憶力は別として、シンプルにしてベストって感じの綺麗な花だなあ。

竹の子

春の味覚が芽を出していました。竹の子って、なんだかめでたい気がします。
我が家では炊き込みご飯にするのが人気です。

雪柳

雪柳、涼しげで綺麗な花だなあって思います。ほんとは白が際立つ花なんだけど、白にしちゃうと表現しずらいので、少しクリーム色で描きました。(^^;)

しだれ桜

公園でしだれ桜をスケッチ。「しだれ」って「枝垂れ」って書くんですね。
その佇まいを表す漢字をイメージしてたんだけど・・意外とそのままだった(笑)
でもいっか、すごく綺麗だし♪ (^^)

木蓮の花

木蓮やコブシがあちらこちらに咲いていますね。木蓮はすぐに枯れ落ちてしまうけど、街路樹や庭木としていろんなところに植えてあるのを見ると、秋のキンモクセイ同様に広く愛されている花なんだなって思います。楽しめる時期はとても短いですが、今年も目を楽しませてくれます。

たんぽぽ

日当たりの良い場所で、タンポポが咲いていました。タンポポの沢山咲いてる野原を見ると宝物を見つけたようにワクワクした気持ちになります。子供の頃から大して成長していないのでしょう(笑)

春を見つけた

春をひとつ見つけました。秋田県の方言では「ばっけ」って呼ぶそうで、ネットで調べるとアイヌ語が語源だそうです。大昔の家庭でも「ばっけ」を摘んで食べながら、春を想ったんでしょうね。どちらの呼び方も好きです。