水引草

水引草というのは、グッドネーミング賞だと思っています。雰囲気がなるほど水引きだなって思うし、紅色と白色があるなんて、出来過ぎじゃないかってくらい(笑)。華奢な花だけど、少し揺らぎながら伸びている茎が好きなポイントです。

萩の花

わが家の白萩。秋にしか咲かないのに、春から夏にぐんぐん伸びて何度も枝を切る羽目になりますが、今年も沢山花をつけてくれました。モンキチョウが卵を産むらしく、よく遊びに来ます。

紫の線香花火みたいな花〜ツルボ〜

ネジバナ??でもちょっと違うし、花の上の方はムスカリみたいだけど、もう少し華奢な感じ。茎は上方へ向かうほネジバナ??でもちょっと違うし、花の上の方はムスカリみたいだけど、もう少し繊細な印象。茎が花の花火で照らされてるみたいに、上へ向かうほど明るい色になっている。紫の線香花火みたい。調べてみるとツルボ(蔓穂)という花でした。初めて知りました。とても可憐な花です。

彼岸花

四谷〜市谷の緑道沿いに咲いていた彼岸花。少し前にはヒルガオやヒメジョンなんかが咲いていた。土って凄いと思う。1年分の草花の根や種が仕込んである。春夏秋冬の草花が代わる代わる伸びては花を咲かせる。一体どれくらいの仕掛けを持ってるんだろうと感心してしまう。

キンモクセイ

秋の始まりの香り、この季節が今年も来たんだなあって思います。小花の形がとても可愛らしい。樹下にはオレンジの絨毯。昨年金木犀を描いたのが10月5日だったので、今年は少し秋が早いのかな。

ニラの花

畑の端っこに植えてあるのか生えちゃったのかニラの花が咲いています。美味しい蜜がでるのか、蜂やら蝶やら沢山飛んでいて楽しそうでした。

向日葵

近所の向日葵畑、咲いてる花々も素敵なのですが、蕾もぎゅっと上に向かってカッコ良かったです。
明日咲くんだ!って声が聞こえてくるようでした。

葛の花

四谷からの緑道の桜並木。夏の草花の勢いでジャングル化しつつあって、葛の蔓が覆いかぶさって花が咲いていた。これはこれで綺麗なので花が終わるまで手入れしないでくれると良いなって思ったり。

夾竹桃

夾竹桃って夏に咲くのかと思っていたら、今の時期から咲いてる花もあるんですね。子供の頃は、絵描き歌を歌いながら地べたに絵を描いて遊ぶときに、この葉っぱを使いました。もっぱらコックさんやらオバケのQ太郎の唇役です。(^^)

ひるがお

花弁を風に揺らせて、ひるがおが咲き始めました。在来種だそうです。昔の人も道沿いに咲いたこの浅いピンク色を眺めたのでしょうね。

ミニ薔薇

うちに生えてるミニバラ。今年の冬、一度咲いて、今は2回目。年に何回か咲くので開花時期を全く覚えられない。話は変わりますが、薔薇の花も花びらが沢山巻いていて、描いていると何がなんやら分からなくなります(笑)

せりばひえんそう

四谷の緑道に咲いていた花。スッっと尾翼みたいなのが伸びていて飛行機みたいで、清楚な感じもあって綺麗だなって思って描きました。「せりばひえんそう」というそうで、燕が飛ぶ姿を思わせる形から付いた名前のようです。そう言えば駅前に燕が巣作りにやって来ていました。そんな季節ですねぇ。

ハルジオン

道沿いに咲くハルジオン、沢山咲いてるとなんかハッピーな気持ちになる花です。よく似た花のヒメジオンと区別がつかないのですが、この子は葉っぱの付き方からどうやらハルジオンみたいでした。

ノースポール

ノースポールが覚えられない、スノーポールって検索していつもノースポールに訂正してる。
私の記憶力は別として、シンプルにしてベストって感じの綺麗な花だなあ。

雪柳

雪柳、涼しげで綺麗な花だなあって思います。ほんとは白が際立つ花なんだけど、白にしちゃうと表現しずらいので、少しクリーム色で描きました。(^^;)