クビナガタンポポ

首の長いタンポポによく似た野草。ブタナと言うそうです。増えやすいので要注意外来生物だそうですが、新緑の季節に明るい黄色が爽やかです。

ハルジオンとテントウムシ

空き地にハルジオンが花盛りでした。薄いピンク色の細い花びらが可愛らしく優しげです。花の上で、二つ星のナミテントウがお昼寝中。風が吹くと花もゆらゆら、気持ちがいいのでしょうかね。(^-^)

コデマリ

野菜直売所の畑にコデマリが満開でしたので、スケッチに挑戦しましたが、花びらの多さにちょっと挫折(笑)。沢山の房を支えている細い枝のしなやかさは凄いです。

ムラサキツメクサ

近所の芝生の綺麗な公園にて。ムラサキツメクサとシロツメクサが沢山咲いていました。ムラサキツメクサは少し大きめです。このあたりは田んぼがないのでレンゲを見られないのですが、レンゲに少し似ていて嬉しい花です。

ヤグルマギク

ヤグルマギク、鯉のぼりの矢車に似ていることから名前が付いたそうで、季節的にもイメージしやすいネーミングですね。花の柄が時々クランクのように曲がったりしてるのは何故でしょうね。個人的には好きなポイントです。青や赤紫色のさらさらした雰囲気の花びらが印象的でした。

キツネでした。

最近道路端でよく見かけるライトパープルの可愛い花。アザミの仲間と思いきやキツネアザミというお名前でした。アザミに似てるのだけど違う種類だそうです。アザミモドキ、ニセアザミなどの選択肢もあったかも知れないけど「キツネ」と付けたところに遊び心があって素敵です。キツネノマユハケ(狐の眉刷毛)という別名もあるそうです。これでお化粧をしている狐を想像するのも可愛らしくて、どちらも素敵なネーミングです。

道端のカスミソウ、みたいな

道路沿いのアスファルトとコンクリートの隙間など、かなり厳しい場所でもへっちゃらで生えて、可憐な白い小花を星のようにちりばめた草。ノミノツヅリというそうです。道端のかすみ草だなって勝手に思っています。可愛く咲いていました。

タンポポの変身

大好きなタンポポ。花から綿毛に変わる仕組みを知りたくて、なんちゃって観察しました。なんとあれがあーなってこーなってたんです。咲いた後の楽しみが増えました。綿毛の下あたりに可愛い落とし物があります。見つけてみてください♪

枝に咲く睡蓮

クロバナロウバイという花を教えていただきました。5センチくらいの睡蓮のような形、濃いワインレッドですが黒みが強いので華やか過ぎずとても上品でした。茶花だそうです。大正時代にやって来たそうで、ハイカラな雰囲気のある花です。

キュウリグサとヤエムグラ

水色で可愛らしい小花のキュウリグサと葉っぱの付き方が魅力的なヤエムグラという野の草。ヤエムグラは水草みたいで涼しげでした。草むらもまだ枯れた草がなくて、青々していて爽やかですね。

北欧ちょい旅気分

ご近所の農家さんの花畑に入るとハーブティーの良い香り。カモミールが沢山咲いていました。涼しげな黄緑色の葉っぱに、白くてと真ん中が黄色いボタンを散らせたような風景は北欧ちょい旅気分満載でした。

ストロベリートーチ

短めだけど尻尾みたいな毛並みの花。ストロベリートーチという名前だそうです。確かにイチゴを思わせる紅さにトーチのような形。上手く形容しているネーミングだと思いました。ベニバナツメクサ、クリムゾンクローバー、オランダレンゲなどの別名があるそうです。

チューリップ

花びらが大きくて、真っ赤で無邪気なチューリップ。花壇に植えてあるイメージなのですが、高圧線の鉄塔下の原っぱに植えてあり、まだ茂っていない野原で目立っていました。

黄色いナズナ

新しく耕された畑に小振りな黄色いナズナみたいな花を発見。調べてみたところ、スカシタゴボウが一番近そう。新しい草花に出会えるとワクワクします。

グミの花

グミの花を教えていただきました。小さくて可愛らしい花。実の表面には点々がありますが、花の時からあるんですね。子どもの頃以来口にしてないので、今年は食べてみたいです。話しは変わりますが、次男が就学前「小学生になったらグミがあるんだよね。あれ楽しみなんだよね」って教えてくれたことがあって(1組、2組とかのクラスのことです)、今でも大切な思い出の一つです。

たんぽぽ

あちこちでタンポポが咲いています。黄色い花が沢山咲いているのを見ると、そぞろ嬉しくなります。春から秋までどこかしらで咲いてる気がしますが、今が一番良い時ですね。そして、この花が綿毛に変わる様子はまるで手品のようです。

バイモユリ

バイモユリと言う個性的な百合を教えていただきました。葉っぱがくるくると巻いていて、薄く黄緑がかったクリーム色の花は、ベル型で下向きに咲いています。繊細で慎ましい印象の花。お茶花だそうです。

サクラ咲いた

今年のソメイヨシノ、早春の天候不良の影響か葉っぱも一緒に咲いていました。薄いピンクに萌葱色が効いていて、これはこれで美しいです。桜餅の香りがしてきそう。

コブシの花

コブシの花、ゆったり花びらが開いていておおらか。萌葱色の新芽もところどころに見えて、爽やかな気持ちになります。モクレンがしっかり者のお姉さんなら、コブシは自由でおっとりした妹さんっぽい。