blog

チューリップ

高圧線の鉄塔下の原っぱに植えてあったチューリップ。大きくて真っ赤な花びらを見ると目が覚める気がしました。スケッチして気がついたのですが、花びらの付け根って少し黄色いのですね。葉の色もミントグリーンで、シンプルな花のイメージですが、大人要素も入っていて美しいです。

黄色いナズナ

新しく耕された畑に小振りな黄色いナズナみたいな花を発見。調べてみたところ、スカシタゴボウが一番近そう。新しい草花に出会えるとワクワクします。

グミの花

グミの花を教えていただきました。小さくて可愛らしい花。実の表面には点々がありますが、花の時からあるんですね。子どもの頃以来口にしてないので、今年は食べてみたいです。話しは変わりますが、次男が就学前「小学生になったらグミがあるんだよね。あれ楽しみなんだよね」って教えてくれたことがあって(1組、2組とかのクラスのことです)、今でも大切な思い出の一つです。

リキュウバイ

利休梅というお花を教えていただきました。しっとりとした白さの花びらを、少し濃いめの緑葉が引き立てていて麗しさのある花でした。茶花だそうで、茶花というのは香りが少ないのだとか。嗅いでみますと、なるほどそっと優しい甘い香りがしました。

たんぽぽ

あちこちでタンポポが咲いています。黄色い花が沢山咲いているのを見ると、そぞろ嬉しくなります。春から秋までどこかしらで咲いてる気がしますが、今が一番良い時ですね。そして、この花が綿毛に変わる様子はまるで手品のようです。

バイモユリ

バイモユリと言う個性的な百合を教えていただきました。葉っぱがくるくると巻いていて、薄く黄緑がかったクリーム色の花は、ベル型で下向きに咲いています。繊細で慎ましい印象の花。お茶花だそうです。

サクラ咲いた

今年のソメイヨシノ、早春の天候不良の影響か葉っぱも一緒に咲いていました。薄いピンクに萌葱色が効いていて、これはこれで美しいです。桜餅の香りがしてきそう。

コブシの花

コブシの花、ゆったり花びらが開いていておおらか。萌葱色の新芽もところどころに見えて、爽やかな気持ちになります。モクレンがしっかり者のお姉さんなら、コブシは自由でおっとりした妹さんっぽい。

可愛いきのこ見つけた。

草むらで可愛いキノコに出会えました。ホコリタケかなと思いましたが、マッシュルームくらいのサイズで放射状にヘタのようなものがついています。丁度ホウズキの袋を破って置いたような形です。ツチグリというそうで、ホコリタケと同じく中央の穴から煙を吐くように胞子が飛び出すそうです。いくつか友達キノコも群生していて可愛らしかったです。自然は素敵です。

アケビ

緑道脇の茂みにアケビの花。5月頃に咲くイメージでしたが、咲いてるものもあるのですね。アケビが実りますように。小さな巾着が開いて赤紫色の雄しべが見えます。先月卒業式で見た学生さんの袴姿のようで可愛らしいです。

つくしんぼ

つくしんぼpart2。春になると必ず土筆がにょきにょき生える空き地。今年は生えて来ないので薬でも撒いたのかなって心配してたら、単純に遅いだけでした。気がつくと沢山顔を出していました。先日描いたのでもう良いかなって思ったけど、可愛さに負けました。

菜の花

数日前の良く晴れた朝。近所の畑に菜の花が咲いていました。初々しい黄色い花びらが陽光を軽やかに弾くように風に揺れていました。空気まだ冷たいけれど、もう春ですね。

春の畑

ホトケノザとナズナが畑を覆うように咲いていました。まだ少し空気に冷たさが残りますが、草花たちが春の陽光をキラキラ反射して爽やかな風景でした。

君はコブシかモクレンか?

先週あたりからモクレンの仲間があちこちで咲き始めました。この花はハクモクレン。葉が一緒に出てないので木蓮かなと思いつつも、いまいち区別が苦手です。花びらの数を数えてやっと確認。下向きに弧を描く枝がリズム感があって綺麗でした。

スノーフレーク

庭の日陰で元気に咲いているスノーフレーク、少し寒いくらいが丁度良いの、って様子で深いグリーンの葉を茂らせ花をつけています。雪を連想させる清楚な白さの花びらに小さな緑のワンポイントを付けてるところがお洒落です。

シマシマお洒落

少し前の寒い朝、すれ違った外国人の女性。シックな黒いコートの襟元に見える幅広のボーダーが小粋で、さすが洋服の文化圏の方は着こなしが上手いなあって感じました。たまには人も描いてみたいと思い、思い出しスケッチです。